手作りゆず化粧水での失敗談

私は安くてお手頃に作れる化粧水作りにはまっていまして、ネットで偶然知ったゆずの種で作る化粧水に興味を持ちましてさっそくゆずを買って化粧水を作りました。作り方は瓶などの入れ物の中にゆずの種と水を入れて冷蔵庫で保管するだけで簡単にできてしまうので市販で化粧水を買うよりもお買い得だと思ってました。ネットにはゆずには美白と保湿の効果があると書いてありましたのでそれを信じて朝と夜の1日2回は必ず顔にゆずで作った化粧水をつけていました。それでなんともなく3日ほどたちましたが、しばらくすると赤い発疹がぼつぼつと出てきまして、そしてある日、顔中が赤い発疹だらけになってしまいました。私は鏡を見て慌てて母を呼んでしまいました(笑)ネットで調べた所、敏感肌の人は肌にレモンなどのフルーツを乗せるのは肌に炎症が起きて逆効果になってしまうかもしれないらしいです。それに紫外線を浴びると余計、シミの原因にもなるらしいです。私は運良く、休日だったので顔に通常の化粧水をつけて、ワセリンで肌をベタベタに塗り、日焼け止めを塗って、しばらく外に出ないで紫外線を浴びないようにしていましたら運良く3日で赤い発疹が薄くなって来ました。皆さんも手作りで化粧水を作る時には注意した方がいいです。敏感肌の人は特に。顔が乾燥することってありませんか?特に季節の変わり目、朝と夜の温度差が大きいときなど。洗顔フォームでしっかり泡立てて顔を洗ったのになぜかつっぱる。そんなときに乾燥が気にならなくなる洗顔料の選び方をまとめました。
夏は日焼け止めで乾燥することも多いですね。ウォータプルーフタイプ、絶対に焼かないアウトドア用などは落ちにくかったりするのでゴシゴシと洗ってしまいがちです。水に強いので落ちにくいのかもしれません。また洗ったあとに乾燥することも多いです。肌の水分、うるおいも洗い落としてしまったかのように顔がパリパリと乾燥します。
そこで美容成分入りの洗顔料を試してみました。2,3個以上買いました。普通にスーパーやドラッグストアに売ってあるものから通販で話題のものまでさまざまなところで選びました。いくつか試して気づきましたがにおいがする洗顔料は乾燥する気がします。なぜだろうと思いますけど。注意するところは洗いあがりがさっぱりしないところです。美容成分が入っているので少し湿った感じです。それを取ろうと頑張って洗うとよくないようです。
このように最近は美容成分配合の洗顔料もいっぱいありますので一度、試してみるといいかもしれません。